健康, 家庭料理, 貧血

自宅で作る「くるみだれ蕎麦」の作り方と栄養【貧血改善の食事】

蕎麦は貧血に効果あるの?

「何を食べよう?」と迷ったら、蕎麦を食べましょう。なにより簡単ですし、貧血ならうどんより蕎麦です。

蕎麦は貧血さんには摂りたい栄養が豊富にあります。蕎麦(茹で)の栄養は、カロリーは100gあたり132ckalです。鉄分0.8mg、銅0.1mg、ビタミンB12 0μg、葉酸8μg、ビタミンC 0mgが含まれています。
(食品成分データベースより引用)。

うどんと蕎麦で迷ったときは、「鉄分が足りていないな」と感じるならうどんではなく蕎麦を選んでみましょう。

(蕎麦とうどんの貧血比べはこちら⇒「【貧血改善の食事】うどんとそばの違い、貧血を治したい人はどちらを選ぶべきか?」)

 

蕎麦×クルミだれでさらに効果アップ!

蕎麦を食べるなら、クルミだれのつけ汁を合わせましょう。

クルミは鉄分が多く含まれているので、貧血の方には食べてほしい食材です。

クルミ100gあたり、鉄分は2.6mg含まれています。(ナッツ類は鉄分が多いです。)

 

クルミは栄養満点のナッツです。食べると嬉しいことがたくさんあります。

クルミの特筆すべき栄養は、α-リノレン酸、クルミポリフェノール、トリプトファンです。

・α-リノレン酸:身体にいい脂肪酸を摂ることができます。

 スーパーモデルはおやつに良くナッツを食べているのは良質な油を摂るためで、体には適量の油が必要です。

 老化防止、アレルギーの抑制、血流の改善にいいとされています。

 

・クルミポリフェノール:クルミは抗酸化作用が高い食材です。

 美肌効果や、血液をサラサラにする効果などがあります。

 

・トリプトファン・メラトニン:眠りの質を高めてくれます。

 メラトニンは夜に作られ、眠たくします。

 トリプトファンは鎮痛や催眠の効果があり、牛乳にも含まれています。寝る前に牛乳を飲む理由はコレです。

 

※クルミも他のナッツと同様にカロリーが高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

クルミだれのそばを美味しく作ろう!

クルミは鉄分を多く含んでいます。
そばつゆで食べる蕎麦もいいですが、貧血を治したいときはクルミだれがおすすめです。

 

材料

そば、クルミ、酢、醤油、砂糖、ネギ(お好みで薬味)

 

作り方

1 クルミは乾煎りをし、すり鉢で擦ります。

2 酢、醤油、砂糖を加えながら1を混ぜます。そこにお湯又は水を加えてなめらかにします。

3 そばを茹で、流水で洗います。

4 クルミだれは器に入れ、蕎麦は水を切り別の器に盛りつけします。お好みで薬味をのせましょう。

 

(作ったクルミだれの蕎麦の写真は撮り忘れてありません。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください