健康, 家庭料理, 貧血

チョコレートは貧血に効くのか?【貧血改善の食事】

チョコレートは貧血に効くのか?

チョコレートは100gあたり鉄分が2.4mg含まれています。鉄分が含まれている量としては多い食材です。

しかし同時に鉄分の吸収を邪魔する栄養成分が含まれています。またカロリーが高い為、食べ過ぎに気を付ける必要があります。

以下でチョコレートの栄養、食べ合わせ、鉄分を摂るレシピをお伝えします。

 

チョコレートのカロリーと栄養

スイートチョコレートはカカオマス、カカオバター、砂糖、レシチン、香料が入っています。

100gあたり558ckalです。

栄養成分は鉄分2.4mg、銅0.55mg、ビタミンB12 0μg、葉酸18μg、ビタミンC 0mgが含まれています。(食品成分データベースより引用)

しかしチョコレートにはタンニンが入っています。

タンニンは鉄分の吸収がしにくくなります。その為、実際の鉄分の吸収は少ない可能性があります。

タンニンは緑茶や紅茶などのお茶やコーヒーにも含まれています。

 

チョコレートを食べる上でこれだけは気を付けたいこと2つ

鉄分を摂りたいと思ってチョコレートを食べるなら、気を付けたいことが2つあります。

貧血なら、食べ合わせ注意!

チョコレートは鉄分が豊富です。

カフェインは鉄分の吸収を阻害するので、鉄分を摂取する前後30分はカフェインを控えましょう

カフェインを含むコーヒーや紅茶はチョコレートに合いますが、出来ればカフェインレスのものにしたいですね。

ハーブティーにもタンニンを含むものがあので、確認してから飲みましょう。

それか、貧血のことは忘れておいしい飲み物とチョコレートを楽しみ、鉄分は他の時間の食事で補うように切り替えましょう。

 

砂糖が入っているので、食べ過ぎ注意!

自分でチョコレートのお菓子を作る場合は白砂糖をブラウンシュガーやはちみつに変えると、風味が少し変わりますがカロリーが抑えられて栄養が上がります。

市販のチョコレートを食べる場合はダークチョコレートを選ぶようにします。

 

白砂糖:384ckal、鉄分Trg、銅0.01mg、ビタミンB12 0μg、葉酸0μg、ビタミンC 0.1mg

黒砂糖:356ckal、鉄分4.7mg、銅0.24mg、ビタミンB12 0μg、葉酸10μg、ビタミンC 0mg

はちみつ:303ckal、鉄分0.2mg、銅0.04mg、ビタミンB12 0μg、葉酸7μg、ビタミンC 0mg

 

チョコレート一緒に食べたい飲み物・食材

ベルガモットはチョコレートとの相性が良いです。

ベルガモットの香りを付けたアールグレイティーはチョコレートの濃厚さをベルガモットの爽やかな香りで中和させます。

しかし貧血対策をする場合、紅茶はカフェインを含むので、デカフェのアールグレイティーにしましょう。

 

リアルアールグレイ

 

デザートで鉄分を補うなら何がいいでしょうか。

くるみやプルーンにも鉄分が含まれています。

チョコレートやくるみやプルーンがざくざく入って食感が楽しいブラウニーがおすすめです。

トッピングにクコの実やカカオニブなど合わせてもいいですね。

 

チョコレートを使ったレシピ:チョコレートカレーショコラショー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください